> 銀行ローン審査の特徴とは

銀行ローン審査の特徴とは

銀行ローンは通常のカードローンやキャッシングとは異なり、
総量規制の影響を受けない、債務者にとっての条件が比較的好条件に
なりやすいといったような特徴があります。
基本的なカテゴリとしてはお手軽申し込みのネット完結カードローンとは違うと
考えて銀行ローンは審査を待つほうが良いかもしれません。大きく見ればという
話ですから即日融資対応の銀行ローンも勿論ありますが他の消費者金融などと
比べて銀行のほうがサービスが高いためあえての敷居の高さなのかもしれません。
そのため多くの人が利用を希望するローンともなっていますが、
銀行ローン審査は比較的基準が厳しいことでも知られています。

銀行ローン審査の要件はその運営を行う銀行によって異なりますが、
基本的には「申込者が申し込み時、満20歳以上満65最以下であること」、
「安定した収入があること」といったようなことが絶対条件になります。

審査での年齢について

まず「申込者が申し込み時、満20歳以上満65最以下であること」ということが
銀行ローン審査で重要視される理由に関しては、
融資後の返済計画を見越してのこととなります。

「満20歳以上」ということは法的に責任を持つに相応しい年齢という基準であり、
「満65歳以下」ということは定年退職などによって安定した収入が
失われるというリスクを回避するために必要な基準となっています。

これは銀行ローン審査に限らず、消費者金融のローン審査などでも
重視される点となっていますので、この点を満たさない場合は
審査を通過できないほか、そもそもの申請ができないというケースもあります。

安定した収入

ついで「安定した収入があること」という点が銀行ローン審査で
重要とされる理由は、言わずもがな
「返済計画を立て、それを履行する能力があるかどうか」を判断するためとなります。
銀行ローンをはじめとした各種の融資は「融資後、利息をつけて返済されること」が
前提となっていますから、収入が無いということはこれを遂行できない
という判断の材料となるのです。

また銀行系ローン審査においては「在籍確認」が行われる場合もあります。
これはその申し込み時に本当にその債務者が収入源となる企業に
在籍しているかどうかということを、本人ではなくその在籍企業に対して
確認を取るということになります。
万一なんらかの理由で就業先に確認をとられたくないといったような場合であれば、
事前に担当者に相談をすることが必要となるので注意が必要です。